残業でして

今日も今日で22時ぐらいまで残業していて、軽い夕食後に軽いシャワーを済ませてただいまの時刻です。
ただいまの時刻=23:33

そろそろ寝る時間ですが、こんな時ほど絵の練習を短時間でもしたいところです。
ふむ・・・過負荷で胃の調子が悪くなっています。

ボクのいる部署はまだ残業が少ないところなのですが、他部署(及び他会社とうとう)では22時過ぎが定時とかざらなのですが、これがまかり通ってるこの日本は衰退に突き進むのは避けられないのでしょうか。
2014/07/31(木)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

今日も残業だったのですが、帰宅後にジョギングしていまして

今日は、あまり残業をしないで帰宅したかったのですがデータまとめに思いのほか時間がかかり、予定よりちょっと遅くなりました。
で、帰宅後に速攻でご飯食べてからジョギングしていました。
そのうち、ちゃんと記事にしようかと思っていますが、密かにハーフマラソンに初参加してみようと目論んでいます。

では、そろそろおやすみなさい。



昨日の絵の練習です↓
20140729-01R
①の横顔がうまく描けない、②の頭蓋骨のあおりがうまく描けない、より頭蓋骨の脳内モデリングが不足していると推定しました。
(参考資料:垓層宮/安倍吉俊(①))
2014/07/30(水)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

残業だったの訳でそろそろ寝る時間になりまして

またしても仕事が忙しい盛りで、見事な残業でした。
まあ、今日は帰宅後にご飯を食べて、軽い筋トレしてからお風呂入っていたのでこの時間(23時)ですが。

さてさて、ボクが大いに絡む仕事の期限が見事に重なっていて、なぜ期限を同時に重ねるのかと問いたくなります。
そんなわけで、寝る前に軽く絵の練習をしたいところです。
(昨夜は結局、絵の練習が出来なかったので)
2014/07/29(火)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

週間練習報告2014年07月14日~07月27日

絵の週間練習報告でして、先々週と合わせて2週間分の報告となります。
なお、今日も残業でさっさとお風呂に入りたいわけですのでさくっと更新します。

コレが、2014年07月14日から27日までの記録です↓
20140714-27Vhyou
多少みなみけ製作に時間が回せました。

みなみけ二次創作絵の進捗ですが、思いのほか線画工程の微調整に手こずっています。
髪の毛とか下絵から線画にしたのちに、結局また描きなおしてる部分もあり作業工程の最適化が今後の課題となります。
なお、8月は絵に回せる時間が制限されるのでまたペースが遅くなります。

2014年7月 おひとりさま京都一泊二日旅行でして その5

京都旅行で行った夜の伏見稲荷の完全夜状態について、書きます。
これで2014年7月京都旅行のお出かけ記事は完了です。

闇夜の中にお墓っぽいところの小型鳥居がミステリアスな雰囲気です↓
20140727-01.jpg
そういえば、山頂には小型鳥居がゴッソリと捕獲されていました。

お店の提灯が灯っていたらもっといいなーっと思う場所です↓
20140727-02.jpg
明かりも味気ない電灯ではなく、提灯がずらっと並んでると最高です。

ほぼ夜になってきましたが、そろそろデジカメの撮像限界になりつつあり画質がイマイチになってきました↓
20140727-03.jpg
露光時間を伸ばしたりすればいいんでしょうが、手で持ってるのでそれも無理です。

鳥居の陰が絶妙なキレイさを見せています↓
20140727-04.jpg
人気も少なくて、昼間とは異なる趣があります。

撮影後にPCで確認して気づいたのですが、鳥居のそばに何やら黒いブワーンっとしたものが写っていました↓
20140727-05.jpg
鳥居の位置関係から鳥居の陰ではないようですし、人がいないタイミングで撮影しています。ついに狐さんが現れたのでしょうか。

伏見稲荷の入り口近くの高密度鳥居回廊まで帰ってきてしまいました↓
20140727-06.jpg
この鳥居回廊を過ぎてしまったら、現世に戻らざるを得なくて素敵な時間も終わりになってきました。

伏見稲荷本殿も暗いとなかなか迫力がありました↓
20140727-07.jpg
やはり暗い中の神社は素晴らしいキレイさです。

夜の伏見稲荷は、それはそれは素晴らしいところで現世と隔離された感じがします。
ただし、夜だと山中の階段を踏み外すことも懸念されているので念のため小型のライトがあるといいと思います。
あと、子供含め人によっては闇夜の神社は強い恐怖心が生じるので配慮は必要です。
(深夜帯だと野生動物(主にサル)や恐怖心からテンションがおかしくなった人間にばったり遭遇し、襲撃されることもありえますし)

これで京都旅行も終わりです。
今年中にまた日帰りでもいいので、京都には行きたいと思います。



昨日の絵の練習です↓
20140726-01R
どうにもうまく描けず苦戦しました。なので今日はトレースなどを駆使して練習をしています。
(参考資料:ネット画像)
2014/07/27(日)
お出かけ トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

2014年7月 おひとりさま京都一泊二日旅行でして その4

京都旅行の最大の楽しみであった夕方から夜にかけての伏見稲荷の夕方編を今日は書きます。

頂上到着までにかなり階段を登るので、頂上到着後しばし冷却をしつつ暗くなるまで待っています↓
20140726-01.jpg
頂上にはボク以外に、外国人ら、若い女性ら、等の面々が休んでいました。

昼間とは違い夕方になった鳥居群のちょっと怪しい雰囲気がいい感じです↓
20140726-02.jpg
デジカメが自動的に露出調整をしていますが、肉眼だと結構暗くなっています。

鳥居の中にネコ様が佇んでいます↓
20140726-03.jpg
伏見稲荷にはネコ様が住んでおられますが、夕方になると活発化するようです。

じーっと見つめてる先に何がいるのでしょうか↓
20140726-04.jpg
伏見稲荷の狐でもいたら嬉しいものですが。

撮影した画像を見ていたら、鳥居の陰にこのような顔のようなものが写りこんでいました↓
20140726-05.jpg
拡大とコントラストを調整していますが、どう見ても何かの顔です。


明日に続きます。
























上記の画像の何らかの顔は、可愛いネコ様です↓
20140726-06.jpg
じーっとうかがっています。



昨日の絵の練習です↓
20140725-01R
もうちょっと時間をとってほぼ全身を描きたいところです。
(参考資料:スーパー・ポーズブック ヌード編/島本 耕司)
2014/07/26(土)
お出かけ トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

2014年7月 おひとりさま京都一泊二日旅行でして その3

京都おひとりさま一泊二日旅行の最後は伏見稲荷です。
伏見稲荷は小山に鳥居が沢山ある神社です。

伏見稲荷と言えば、この鳥居がずらっとが有名です↓
20140725-01.jpg
鳥居の最初のほうは、こんな感じの超高密度鳥居の回廊を通ります。

更に山へと入るときに、密かに脇道へ行けるところがあったので脇道へ入り込みました↓
20140725-02.jpg
竹林を通る小道がひたすら続きます。

何やら新たな鳥居がありました↓
20140725-03.jpg
稲荷神社本体との関連性が謎ですが、ここは基本誰も人が来ません。

神道なのか仏教なのかキリスト教なのか不明な像があります↓
20140725-04.jpg
剣やポーズ等はキリスト教っぽい感じがします。

道をはさんで、ご神木っぽい保護された木もありました↓
20140725-05.jpg
画像では分かりにくいですが、木の蔓が地面に届くかと見せかけて再び上方を目指すU字になっています。

ここはお墓のような場所になっていました↓
20140725-06.jpg
建物から人の気配がしたので、じっくり見ることなく退散しました。

この小道をさらに進むと再び謎の鳥居とかがありました。
そして小道は完全な山道へとなり、山頂へと向かうようですがそっちに行くと伏見稲荷の鳥居が堪能できないので引き返しました。
次回にでもこの小道ルートを通ってみたいです。
ただし、サルが出没するっぽいので襲撃されるとちょっとマズイです。

小道から帰ってから、鳥居を突き進みます↓
20140725-07.jpg
夕方に差し掛かっているので、大分人が少なくなりました。

そして、山頂に到着しましてロウソクに火を灯していていい雰囲気です↓
20140725-08.jpg
ロウソク型の電灯だと雰囲気が一気に壊れてしまうので、ぜひとも本物を使い続けてほしいです。


夜の伏見稲荷は明日の更新でかきます。



昨日の絵の練習です↓
20140724-01R
上半身の各部を重点的に練習したいと思いっています。女性の胸といった柔軟体は特に難易度が高くなると予想しています。
(参考資料:スーパー・ポーズブック ヌード編/島本 耕司)
2014/07/25(金)
お出かけ トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

2014年7月 おひとりさま京都一泊二日旅行でして その2

7月の京都旅行の2日目である、木島神社、妙心寺、について今日は書きます。
伏見稲荷は明日の更新に回します。

っと前に、今回の旅行では泊り先をお寺関連施設のホテルにしました。
お値段が手ごろでありながら、4人部屋和室を一人で独占できて満足でした。
なのですが、やはり環境が変わると寝つきが悪くてなかなか寝付けず、朝は壮絶に寝坊してました。

さて、木島神社に到着です↓
20140724-02.jpg
人目も少なく、大々的な神社ではなくそこらにありそうな佇まいです。

だがしかし、他では見られない三角形をした特異な鳥居が魅力的です↓
20140724-01.jpg
柵に囲まれており写真でも柵も写って見にくいです。とは言えこの不思議な安定感です。

敷地内には祠上の祭壇がありました↓
20140724-03.jpg
ぽっかり口を開けた内部にお稲荷さまがいます。

祠は石造りでこれまた独特の魅力があります↓
20140724-04.jpg
お稲荷さま視点では外はこんな感じにみえるようです。

木島神社の最寄り駅「花園」の近くに、広大な敷地の妙心寺がありますのでそこも立ち寄ってみました。

敷地内にはどーんっとお寺たちが鎮座しています↓
20140724-05.jpg
神社は小ざっぱりとして線の細い印象ですが、お寺は重厚で筋肉ムキムキの「武闘派和尚」っという印象です。
(実際の和尚さんやお寺関係者は、平和的で心優しいものですが)

古い建物ですががっちりした造りで、現代的な工作機械がないのによくぞここまでと思わされます↓
20140724-06.jpg
いかにもなお寺の造りを観るのもまたいいものです。

拝観料を払うと建物に入れて、お寺内部の強大な竜の絵や蒸し風呂浴室なんかを観ることが出来ます。
浴室は、数百年前からのモノがそのままあってその時から現代までの年月に思いをはせると自分の人生の短さを実感します。

お寺内部に入れるのでそこでゆっくり時間を過ごすのもありです。
電子機器と情報ネットワークに包囲・拘束された現代社会から脳を解放させるのにはお寺がピッタリです。

敷地内にある別の庭園にも入ってみました↓
20140724-07.jpg
規模は小さいですが、ちゃんと作りこまれています。


明日の更新に続きます。



昨日の絵の練習です↓
20140723-01R
20140723-02R
写真からデフォルメ絵を生成しようとして激しく失敗しました。
(参考資料:ネット画像(SKEのアイドル、栗山千明さんの画像)、人体デッサンの基礎知識/バーリントン・バーバー)
2014/07/24(木)
お出かけ トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

2014年7月 おひとりさま京都一泊二日旅行でして その1

7/21~7/22にかけて京都旅行に行ってきました。
京都旅行で行った先は、三千院、延暦寺の近く、木島神社、妙心寺、伏見稲荷です。

まずは、三千院に行きましたが三千院の付近はこんな山のほうです↓
20140723-01.jpg
手前にあるのはご当地名物のシソらしいです。

三千院は建物の中をテクテク歩き回れつつ庭園を眺められます↓
20140723-02.jpg
建物の軒先(でいいのか?)から座って庭園を眺められます。

建物内部は、古い日本建築で畳に襖にという味のあるものです。
日本建築のところでゆっくりとした時間を過ごしたくなります。
建物から出ると、広々とした庭園を歩き回りました。

三千院と言えば、このコケに埋もれつつある小さい石造が有名です↓
20140723-03.jpg
自然に帰りつつあるってのは、不思議な魅力を感じます。

庭園の一角から眺めてみるとこんな感じです↓
20140723-04.jpg
奥の建物は、国宝うんぬんなので複数台の監視カメラが守護しています。

三千院を見て回ったら(ここだけで2時間弱いました)、バスに乗りケーブルカーにのりで延暦寺を目指しました。
目指しましたが、既に延暦寺の拝観時間には間に合わないのですが、まあそもそも目的は延暦寺のところにある巨木なのでとりあえず行ってみました。

ケーブルカーに乗っていたら、ところどころにシカを見かけました↓
20140723-05.jpg
シカを見かけてテンション上がりました。

延暦寺へのルートは、山道を徒歩とバスの二通りがあります。
通常は、バスで行ったほうがいいと思います。
っが、ボクは最初から山道徒歩をする気まんまんでした。

石だらけの山道です↓
20140723-06.jpg
山道を徒歩で行く人はかなり少なくて、ひたすら一人で歩けるので風情があります。

延暦寺の近くで、こんな巨木が沢山ありました↓
20140723-07.jpg
巨木にお寺というすぐにでも妖怪が出てきてくれそうな雰囲気です。

延暦寺へのルートとなる階段にも巨木です↓
20140723-08.jpg
このあたりはでっかい木が沢山あるので圧巻です。

本来の目的の巨木がどの辺にあるのか大して知らないですし、延暦寺の拝観が無理なのでここで引き返しました。

帰りの山道での眺めです↓
20140723-09.jpg
シカがいないものかと探しましたが、残念ながらシカの姿は見えずです。

途中の見晴らしがいいところの眺めですが、見事な光背が観れました。
20140723-10.jpg
仏教、キリスト教でも光背の描写がありますが、特定の自然現象は脳の中で高揚感・幸福感を生じさせると思います。

夏の日差しも山の中だと和らぎます↓
20140723-11.jpg
汗をかいても心地よいものです。

その後ロープウェイ、ケーブルカーと乗り継いでバスにのって、京都駅まで向かいました。
あ、延暦寺近辺の山々ですがシカがいますが、ついでにサルとイノシシ、クマもいますです。
この山道ルートを通るならクマ除けの鈴、対熊近接迎撃用の催涙スプレーがあったほうがいいと思います。
帰り際のロープウェイのところで熊の警告看板見かけて、ちょっとビビりました。

この日は、これでおしまいです。
・・・見事なまでに神社仏閣が少ないですが、気楽な一人旅の魅力です。

おまけで、ライトアップされた京都タワーです↓
20140723-13.jpg
ガラスに反射する姿もいいのではないでしょうか。
2014/07/23(水)
お出かけ トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

京都旅行から自宅に帰還中でして

京都旅行も終わりをつげ、愛知の自宅に帰還しています。
家に着いたら、また更新しますが夜の伏見稲荷は最高でした。

------
23時半ぐらい追記

無事に帰還成功しました。
今回の旅は、二日共にどこかしら山を登っており靴擦れが生じましたが有意義でした。
やはり京都は最高です。

明日以降の記事で複数回に分散して旅行記事を書きます。
ちなみに、旅先の旅館でも多少の絵の練習はしていましたがノートに描いたので狐脳に載せるかどうかは未知です。
2014/07/22(火)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top