一言と絵の練習でして

サーバルちゃんの制作が思いのほか時間がかかっています。

20170530-01r.jpg
2017/05/31(水)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

一言と絵の練習でして

進捗がないようですが、微妙に髪の毛の動きを修正しました。
・・・20分しか制作に時間をかけられず。

20170529-01r.jpg
2017/05/30(火)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

6脚ロボット製作 -ロボット用防振ステージ-

新たに「ロボット製作」カテゴリを追加しました。

6脚ロボット駆動時における振動音を遮蔽するための防振ステージを製作しました。
マンションの階下に迷惑がかからないようにするためです。

20170528_01.jpg
四角いのが防振ステージです。

20170528-02.jpg
合板と振動減衰用のスポンジやらで自作しました。

まだちゃんと振動が減衰してるかの評価が出来ていなので、効果は未知数です。
効果があれば同じステージをさらに3個、5個製作して歩きまわしてもいいようなサイズにします。




20170528-01r.jpg
スカートの出来が悪いのでおへそ辺りからトリミングすることに決定しました。

一言と絵の練習でして

出かけたりしていたので、あんまり絵の制作が出来ませんでした。
それはそれとして来週はちょっと旅行にでも行こうと思っていて、しばらく絵の制作が低調になります。

20170527-01r.jpg
スカートのフチを簡単にかける方法を今後調査検討します。
2017/05/28(日)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

一言と絵の練習でして

会社の仕事がもはやDDOS攻撃状態。
本来の仕事が進まなくなるほど割り込み相談が多いという。

20170526-01r.jpg
スカートの描き方がよくわからないので苦戦しています。
2017/05/27(土)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

一言と絵の練習でして

会社等で「何をするか」ばかり話をしていて「なぜするのか」や「XXをする。なぜならばYYYだからである。」といった思想の共有をもっとしたほうがいいと最近思います。
なぜならば、やることの意味の行き違いを減らせて生産性が上がると考えるからです。
特に指示を与えられる方は思想の共有があったほうが、優先度が立てやすいうえに、自分がすべきことが自分でも考える材料になると考えます。

・・・ええ、もう会社が本当にこれが出来てないので無駄な会議だらけです。

20170525-01r.jpg
線画カキカキ
2017/05/26(金)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

一言と絵の練習でして

線画工程に入りました。
なお、線画の新しい描き方を試みています。

20170524-01.jpg
2017/05/25(木)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

一言と絵の練習でして

会社員として絶対に必要なスキルに「出来るだけ他人に仕事を押し付ける」と「(他人に押し付けときながら)キレイごとを並べて正当化する」があるわけですが、人間というイキモノは本当にめんどくさいですね。
通常の人間とは異なるシステムからするとそれらが異様な光景すぎてついてけないのです。

20170523-01R.jpg
下絵中。骨盤周辺の作りを修正したら、PC上で線画工程に移行します。
2017/05/24(水)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

一言と絵の練習でして

次なるサーバルちゃんの制作に着手しました。
っても、しばらくは平日の練習で基礎であるデッサンをやり始めたのでサーバルちゃんに投入する時間が限られています。
・・・会社を早めに退社できればいいですけどね。
(早めに退社:20時半)

20170522-01R.jpg
今回はポーズ集の写真を基にしています。
2017/05/23(火)
日記 トラバ(0) コメント:(0) 人気ブログランキングへ←クリックで狂喜乱舞

サーバルちゃん(けものフレンズ)の練習絵 その3

日々の練習で描いてるサーバルちゃんが完成しました。
制作時間は約8hrです。
(目標3~4hrなのに)

20170521_sabaru(kemo)_day.png
肩甲骨のラインが悪くて気になります。


それはそれとしてメガネのレンズ交換が想定よりもかなり時間がかかり、ロボット製作を始めやることの大部分が進まずでした。
ふんがー

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top